広島市には2種類の異なる工務店があり、それぞれに長所があります。

HOME>トピックス>技術を取るのかアフターサービスを取るのか

目次

熟練した技術者ばかり

間取り図

注文住宅で建てる住まいには、要望に応じる工務店が選ばれています。安ければよいあるいは安全、どちらを取るのか、顧客のニーズの変化によって工務店の仕業も異なります。技術にも特徴があり、広島市の住宅の多くが木造住宅です。木材は古くから使われてきた建築材料ですから、古くから活躍する棟梁、大工と関わる工務店は木材に関して詳しくなければなりません。ちなみに、頑なに集成材を使わないところもあるようです。また、工務店が手掛ける工法の種類は在来工法で、自然木をふんだんに使うので、現場で加工が必要、そのため熟練した技術者が揃っているのが特徴です。

クレーム処理も担う

広島市の工務店には、技術を必要とする造り手としてだけでなく、クレーム処理を担うことで信用を得ているところもあります。住宅が完成した後も、工務店側が時々様子を見に来ることがあったり、不具合もチェックしたりしてくれます。計画的にメンテナンス、リフォームができるように費用も分かり易く説明する、そうした付き合い方がこうした種類の工務店の特徴です。アフターケアに関する要望に応える工務店も増えています。例えば、アフターサービスの24時間受付体制が挙げられますが、メンテナンスを含めたサポート体制が可能なのも特徴です。他にも、ハウスクリーニング・ホームヘルパー・ガーデニングサービスを安く提供してほしいなど、地域密着型という強みを活かした要望にも応えています。

広告募集中